トップページ > ニュース TUDORロイヤルコレクション。 必要なものはすべて揃っています。
TUDORロイヤルコレクション。 必要なものはすべて揃っています。
リリース日:2022/6/18 9:58:34
TUDORロイヤルコレクション。 必要なものはすべて揃っています。

あるテーマについて語るとき、その発展の歴史を避けて通ることはできません。結局のところ、すべてのものには起源があり、時計の歴史はさらに長いのです。 初期の天文時計から現代に至るまで、様々な時計がありますが、その中で最も人気があるのはスポーツウォッチでしょう。 実際、初期には懐中時計の影響もあってか、フォーマルウォッチの方がずっと人気があった。 社会が発展し、人々の美意識が変化するにつれ、スポーツウォッチが徐々に主流になっていった。



ロレックス ヴィンテージ懐中時計

現在、多くの時計ブランドがスポーツウォッチの研究開発に力を入れ、さまざまなスポーツウォッチが登場し、「大口径」「大胆」が現在のトレンドになっています。 しかし、「扱えない」という人も多い。やはり、誰もがこのスタイルになれるわけではないのだ。



チュードル ロイヤル(41mm ブルーダイヤル)

以前、友人から「スポーティなタフネスと高い快適性を見事に融合させたモデルはないか」と聞かれたことがありますが、TUDOR Royalはその条件にぴったりです。 ワンピースケースや100m防水などの特徴からスポーツウォッチと位置付けていますが、フォーマルウォッチの色合いも取り入れ、両方の特徴を生かした真骨頂のスポーツウォッチに仕上がっています。

ロイヤルコレクションの歴史

昨年、TUDORは新しいロイヤル・コレクションを発表し、プレイヤーの間で大きな関心と議論が交わされました。 もちろん、ある人気機種に似ているという声も多かった。



チュードル オイスター ロイヤル 7934

実は、チュードルの「ロイヤル」ウォッチが初めて登場したのは1950年代。 このチュードル・オイスター・ロイヤルの7934番は、新しいロイヤルの「祖先」であり、「ロイヤル」という名前を共有し、デザインにも共通点がある。



RANGERIIコレクション

また、ヘッドとブレスレットの一体型デザインなど、1960年代後半から1970年代前半に発表された「RANGERII」コレクションからインスピレーションを得た新型「ロイヤル」です。 それだけでなく、ロレックスもその歴史の中でこのデザインのモデルを発表しており、ロレックスと切っても切れない関係にあるTUDORが同様のモデルを持つことは当然である。



チューダー・クラシック

TUDORについてご存知の方は、数年前にClassicコレクションを発表したことをご存知だろう。 ロイヤルコレクションは、ピット型ベゼルやスティック型針など、コレクションの象徴的な特徴を備えています。クラシックコレクションの外観を受け継ぎながら、より現在の美意識に合うように革新的なデザインに仕上げているのです。

ロイヤル・コレクションは、それ自体が名品であると言えるでしょう。

時計のディテールをより際立たせる多彩なスタイル



TUDORが昨年発表したロイヤルコレクションは、アジアでデビューしたため、アジアの着用者を意識してデザインされています。 41mm、38mm、34mm、28mmの4サイズから構成されています。 また、ブラック、シルバー、シャンパン、ブルー、マザーオブパールの文字盤を選択でき、316Lスチールまたは18Kイエローゴールドのピット付きベゼルと組み合わせて、さまざまなスタイルのウォッチを提供します。



ここでは、ベッカム氏が自身のSNSで着用写真を掲載している「チューダーブルー」の文字盤カラーを採用した人気モデル「41mm デイデイト メンズウォッチ」を取り上げたいと思います。



チュードル ロイヤルを着用したベッカム

シンプルな大型3針から複雑な永久カレンダーまで、小さな文字盤に多くの機能が集約された時計が多くなっています。 しかし、いざとなると、日常生活でよく使う機能は、曜日・日付表示と時刻の読み取りだけです。



このTUDORの時計は、デザインもちょうどよく、第一印象は「実用的」でした。 文字盤はおなじみの「DD」デザインでレイアウトされ、3時位置に日付窓、12時位置にロレックスのデイデイトをイメージしたと思われる扇形の曜日窓があります。41mmのブルーサンレイ文字盤に立体的なローマ数字とトラックマーカー、針は従来のクラシックコレクションに似ていますが太いだけです。 針は従来の「クラシック」コレクションと同様ですが、ヴィンテージ感を損なわず、より太く、よりスタイリッシュになりました。 また、針には夜光塗料を塗布し、暗い場所でも見やすくしました。



時計は見た目で選ぶ人が多いのですが、ロイヤルコレクションは機能性だけでなく、個性的でシックなところが最大の魅力です。 前述の通り、TUDORは1960年代から1970年代に発表されたRANGERIIコレクションからインスピレーションを得て、従来のラグを省き、ケースとブレスレットを一体化したロイヤルコレクションは、TUDORの自由な発想のモダンさをより際立たせることができるモデルとなっています。



ベゼルをよく見ると、クラシックコレクションのピットデザインにいくつもの変更が加えられていることがわかります。 クラシックコレクションのベゼルは、サテン仕上げとポリッシュ仕上げのギヨシェを千鳥格子状に配置していたが、新しいロイヤルコレクションでは、ギヨシェの間にロレックスの犬歯リングのような放射状の模様が入り、ロイヤルコレクションならではの特徴を作り出している。



ブレスレットはTUDORの通常の5列ブレスレットを踏襲していますが、他のモデルとは微妙に異なる点があります。 ロイヤルは、両側と中央の大きなリンクはブラッシュ仕上げ、2列の小さなリンクはポリッシュ仕上げで、豊かなレイヤリングを実現しています。

あらゆるシーンで活躍する実用性



ロイヤルコレクションは、実用的で汎用性の高いデザインなので、毎日の通勤通学用時計としても最適です。



41mmモデルには自動巻きメカニカルムーブメントT603、38mmと34mmモデルにはT601、28mmモデルにはT201と、いずれも汎用性の高いムーブメントを搭載しています。 38時間のパワーリザーブは少し物足りないですが、通勤用の時計としては悪くないと思います。



ロイヤルコレクションは、デイデイトモデルの41mmを除き、38、34、28は通常の大型3針カレンダーモデルで、それぞれ素材や配色が異なり、価格は16,200元から30,000元、一番人気の41mmブルーダイヤルモデルは17,300元で、インターゴールドやダイヤモンドをセットしたモデルはもう少し高くなるようです。 通勤用の時計は装着時間が長く、どうしてもぶつけたりしてしまうので、この価格帯の時計はあまり苦になりません。 ロイヤルコレクションがこの価格帯なのは、汎用ムーブメントを採用していることが大きく関係しているはずで、もしチューダー独自のMTムーブメントを採用していたら、この時計を3万元以下で手に入れることは困難だっただろう。



つまり、「TUDOR Royal Collection」は、ブランドの歴史に残るクラシックモデルのデザインと、現代のトレンドに沿った要素を融合させ、優れた性能と美しいフォルムの完璧な融合を実現しているのです。 これは、スポーツウォッチの分野におけるブランドの新たな躍進であると同時に、その歴史的遺産を継承するものでもあります。 外出先でさりげなくつけても、仕事や社交の場でつけても、いろいろな意味でいい香りがする時計です。

スーパーコピーブランド

※ スーパーコピー 時計の最新アイテムを素晴らしいスーパーコピーブランド海外通販専門店!GMT567(ジャパン)

※ 代表者: 狩野 真男 | 連絡先:[email protected]

※ 営業時間:08:00〜23:00 (24时间受付中 )

※ Copyright (c)www.gmt567.com.Inc. All Rights Reserved