トップページ > ニュース 有名な時計ほど発振周波数が高い。 精度が高ければ高いほどいいのか?
有名な時計ほど発振周波数が高い。 精度が高ければ高いほどいいのか?
リリース日:2022/6/21 9:12:16
有名な時計ほど発振周波数が高い。 精度が高ければ高いほどいいのか?

今日は、時計のムーブメントの「振動数」について、「好評」記事を書きたいと思います。 一般の方が時計を購入する際に、こうした技術的な問題を気にする必要はありませんが、プレイヤーは勉強することができます。

時計の振動数が高ければ高いほど精度が高いのか、という疑問を持つプレイヤーもいるかもしれない。



ロレックス32シリーズ3255ムーブメント。



ロレックス3235ムーブメントのバランスホイール部分。 発振周波数は毎時28,800回です。

現在市販されている一般的な時計は、振動数が主に21,600回/時、28,800回/時となっています。 また、オメガのコーアクシャル・ムーブメントは主に25,200振動/時、ゼニスのエルプリメロ・ムーブメントは36,000振動/時である。

テンプの振動数とは、大げさに言えば、時計のムーブメントであるテンプが振動する回数のことです。 例えば、28,800振動/時とは、バランスホイールが1時間に28,800回振動することを意味します。

1時間は3600秒なので、1時間に28800回振動するということは、1秒間に8回振動していることになります。 1秒間にバランスホイールが8回振動するため、秒針は8回「ピクピク」するが、あまりに速いため肉眼では判別できず、時計の秒針が「滑らかに」動いているようにしか見えないのである。



パテックフィリップ・キャリバー324



パテックフィリップのキャリバー324のバランスホイールは、毎時28,800振動の振動数を持っています。

21,600は6振動/秒で1/6秒の精度、28,800は8振動/秒で1/8秒の精度、36,000は10振動/秒で1/10秒の精度になります。 例えば、ゼニスのエルプリメロ・ムーブメントの場合、1/10秒とは、1秒間にテンプが10回振動し、秒針を10回「振る」(1秒を10分割して、1/10秒にする)駆動方法だと常々言われています。

時々、3HZ、4HZ、5HZ...と振り子の周波数が見えるというプレイヤーもいるかもしれないが、これは何だろう(HZはヘルツ)。 実はこれ、これまでの21600、28800、36000から表現が変わった(単位が変わった)もので、28800はバランスホイールが1秒間に8回振られ、左1回、右1回、計8回回っている。 さて、左右1本ずつが1サイクル、つまり4サイクルで、4HZ(4Hz)です。 そうして28800は1秒間に8回、4Hzで発振するのです。



ランゲDATOは、手巻きクロノグラフムーブメントL951.6を搭載しています。



ムーブメント「ランゲL951.6」のテンプは、毎時18,000振動です。

21,600は3Hzで6振動/秒、28,800は4Hzで8振動/秒、36,000は5Hzで10振動/秒となります。

時計のタイミングに周波数が与える影響とは?

発振周波数が高いほど、計時には有利です。 周波数が高いほどテンプの振りが速くなり、腕に着けたときに手首の振れや外部振動の影響を受けにくくなるからです。 周波数が低いと、天秤の動きが鈍くなり、外部からの振動の影響を受けにくくなるため、天秤の周波数に影響を与えます。 以上です。 しかし、現在では時計の振動数は21,600、25,200、28,800、36,000が主流となり、その差は歴然としています。かつてのビンテージ時計によく見られた18,000振動は、販売されている時計にはほとんど見られません(ランゲDATOという振動数18000のスペシャルモデルはあるのですが・・・)。 ですから、振動数36,000の時計が、28,800や21,600の時計よりも正確ということはないのです。 ロレックスのムーブメントは28800、オメガは25200を中心に、超高精度な時計になりそうです。

今すぐ通常の状況、ノックなし秋、時計に影響を与える時間を行く、主なものは、メンテナンスであることです。



ジャガー・ルクルト・キャリバー849



ジャガー・ルクルト・キャリバー849バランスホイール、21,600振動/時

なぜ、もっと高い振動数の時計が作れないのか?

代表的なものはゼニスのエルプリメロ、グランドセイコーの9S8シリーズ、ブランパンのF385クロノグラフムーブメントで、いずれも振動数36,000のムーブメントである。

今、発振周波数の高い時計はあるのでしょうか? はい、しかしその多くはコンセプトウォッチや、ごく少数しか生産されなかったモデルです(例えば、ゼニスDEFY21の10HZクロノグラフの部品は、特別なクロノグラフとして使用されたので除外します)。 ある程度、発振周波数が高いと、逆に問題になることがあるからです。





ゼニス社製エルプリメロ・ムーブメント、振動数36,000回/時。

1.振動数が高くなると、ムーブメントに必要な潤滑が複雑になり、ムーブメントのメンテナンス間隔が比較的短くなります。 そのため、振動数36,000のムーブメントのように、メンテナンスコストが割高になってしまうのです。 ゼニスのエルプリメロ・ムーブメントは、一般的な時計よりも多くの種類の潤滑油を使用しています。

2.発振周波数が高いほど、電力損失は大きくなります。 そのため、振動数が高い時計はパワーリザーブが短くなる傾向があります。 また、時計のパワーを高めるために、あえて振動数を低くしているムーブメントもあります。 例えば、ロングパワームーブメントの中には、動力損失を少なくするために、あえて21,600という振動数を採用しているものもあります。



オメガ キャリバー8900



オメガ・キャリバー8800/8900は、独自のオメガ・コーアクシャル・エスケープメントにより、25200振動の重さを実現しています。

その結果、精度や耐久性、パワーリザーブなどの要素を考慮し、初期の毎時18,000振動のようなムーブメントは徐々に廃止されていった(ランゲDATOは18,000振動で、これは特別である)。 大量生産される主流の時計では、もはやそれ以上の振動数、すなわち毎時36,000振動の時計は人気がない。 プレステージウォッチの場合、21,600、25,200、28,800、36,000が主なものである。
スーパーコピーブランド

※ スーパーコピー 時計の最新アイテムを素晴らしいスーパーコピーブランド海外通販専門店!GMT567(ジャパン)

※ 代表者: 狩野 真男 | 連絡先:[email protected]

※ 営業時間:08:00〜23:00 (24时间受付中 )

※ Copyright (c)www.gmt567.com.Inc. All Rights Reserved